医療控除

医療控除は自分で申請をしない限り還付されることはありません。ぜひ申告するようにしましょう。

インプラントなどの自費治療は、医療費控除の対象となるため、
申告を行うことで支払ったお金が一部戻ってきます。
医療費控除を受けることで、結果的に治療費の総額を下げることができます。

自分自身や同じ生計をする親族が、1月1日から12月31日までの1年間に10万円以上の医療費を支払った場合、かかった医療費と総所得金額に応じて所得税が減額される制度。
医療費の合計が10万円以上になった場合、医療費控除の手続きをしましょう。

まず準備です。
病院発行のレシートは捨てずに、日付順に保管しておきましょう。
申告書を作成する際に日付順に紙に貼り申告書に添付して下さい。

また、通院するための交通費も医療費の一部として認められますので日付順に表でまとめておくと便利です。但し、公共交通機関のみです。

自家用車で通院したからと、ガソリンの領収書を添付しても認められない場合がありますので、注意してください。

詳しくは以下国税庁ホームページからご確認ください。

医療費を支払ったとき(医療費控除)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

医療費控除の対象となる医療費
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm

医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1128.htm

QRコード

QRコード

QRコード

タッチで電話をかける